会社方針

会社方針

 現在、どの業界でも人手不足だと騒がれる中、当然の如く当社の業界も同じような状態にはあります。その中で元々資源の無い日本が生き抜いて行くためやはり高い技術力での製造が日本の将来支えて行けるものと考えています。少子高齢化で益々のグローバル化も必要にはなっていますが、元々勤勉な日本人でないと出来ない高度な技術を継承して行きたいと考えています。

 


CEOメッセージ

CEO

 

当社ではプレキャストコンクリート(PCa)を製造するための鋼製型枠を製作しています。 PCaとは マンションや高層ビルなどの壁・柱・梁などを一品物のパーツとして製作します。   現場ではそれを積み木のように積み重ねて建物を作って行く事で、工期短縮や精度の高い製品を作る事ができる工法です。また一品物にパーツ化する事により、地震の揺れの力を分散する事で、耐震精度高い特徴もあります。近年では世界中で大地震の被害が出ているのはご存知の事、日本では記憶に新しい、阪神淡路大震災の時の古い建設物でも、この工法で建てた建物は倒壊するなどの破損は発生しなかったと報告を受けています。また木製型枠より複雑な形状にも対応できる事でも多くの信頼を得てます。それに対応できる高度な技術力を維持していく事で現在のPCaに対応しています。また東日本大震災の原発事故以降に再生可能エネルギーの発達に伴い、メガソーラーの事業にも参入した経験もあります。これからも柔軟な世の中の変化に対応するようにしたいと思っております。

                                 代表取締役 鳥塚英樹


会社沿革

1996年 有限会社ホクト設立

2002年 建設業許可 一般建設業 東京都知事許可 般-14 第106241号

2000年 アマダ製 アイアンワーカーを導入しました。

2005年 コマツ製 プラズマ切断機(ツイスター)を導入しました。

2014年 輸出入許可を取得しました。